NISA口座の開設に関して学ぼう

ここでは、NISAについての情報をお伝えしたいと思います。
2014年1月より、「NISA:ニーサ」こと「日本版少額投資非課税制度」がスタートします。

 

少額投資非課税制度(ISA)とは、株式や投資信託などから得た売却益や配当への課税を、条件付で非課税にすることができるという制度のこと。

 

その日本版であるNISAを利用すれば、年間100万円を上限とする投資を対象に、そこから得た所得を非課税にすることができます。

 

現在、株式等から得た売却益や配当にかかる税については、証券優遇税制に基づき「10%」という軽減税率が適用されていますが、この証券優遇税制は2013年末で終了し、2014年度からは本来の「20%」に戻されることが決まっています。

 

こうした税率変更という背景もあり、NISAは今、大きな注目を集めているのです。

 

NISAは節税の強い味方!

 

NISAを活用すれば、先述の通り毎年100万円を上限に、株や投資信託への投資から得た売却益や配当が非課税になるため、結果として節税に繋がります。

 

また2014年度より、投資から生じる所得への課税率が現行の10%から20%に戻される予定ですが、NISAを活用すれば、税率の変更を負担に感じることもありません。

 

ISAは、イギリスで始まり、利用者から高い評価を得ている制度です。それが漸く日本に上陸するとあり、日本でも多くの投資家が既に注目をし始めています。

 

では、ここからはNISAの利用方法をみていきましょう。

 

NISAを利用するにあたっては、NISA専用の口座を用意する必要があり、口座開設の申込受付は、2013年10月より本格的に始まる予定です。
→参考:NISAで株投資

 

ここで、幾つか注意点があります。
「NISA口座の開設は2014年1月の段階で20歳以上の人に限る」など、NISA口座の開設にあたっては、知っておくべき“ポイント”があるのです。

 

特に気をつけたいのは、以下の2つ。

 

・1人1口座まで(NISA口座は1つしか保有できない)

 

・一旦開設したNISA口座は、最低4年間の運用する必要がある(その間、他証券会社への乗り換えは不可能)

 

ここからわかるように、NISA 口座は簡単に変更がきくものではないのです。よって、「どこで開設するか」が非常に重要になってきます。口座を開設する証券会社選びは、慎重に行う必要があるといえるでしょう。

 

 

今は、多くの証券会社が顧客の獲得に向けて、あれこれと多様なキャンペーンを打ち出しているため、ぜひ、各証券会社のサイトから資料請求をするなどして、各社の違いや特徴を比較検討し、自分に合うところを選ぶようにしてください。

 

情報収集につとめ、「NISA口座をどこで開設するか」「口座を使ってどのような商品に投資するか」「その利益をどのように生活に活かすか」といったことについても、NISAが本格始動する前の“今”から考えておくことをお勧めします。

NISA口座の開設に関して知っておくべきこと関連ページ

株主優待を狙って堅実運用
安定した株式の所有
とりあえずネット銀行中心
短期社債