安定した株式の所有が資産運用の第一歩

現在、ネットを使った取引が手軽になったこともあって、個人投資家が次々と生み出されています。しかし、一般的な銀行の円定期預金などと違い元本保証がない為、資産を切り崩すこともあり、へそくりが一気になくなったり、ひどい話になると借金でそれを補おうとして泥沼にはまるなんていうこともあります。

 

では、資産運用は危険かというと、一概にそうとはいえません。今後の経済の動向を鑑みるに、インフレ化が進むと、タンス預金では相対的に価値が下がっていってしまいます。そこで、資産を守るという意味でも、金やアクセサリなどの物に替えたり、株やFXなどで運用することが求められる訳ですが、まず第一に安全を考えた場合には、やはり安定した株式に替えることがもっとも安心です。日々の小さな上がり下がりに一喜一憂するのではなく、長期的に見て大幅な下落することがない、大手株式会社の株を持っておくことは、資産運用の第一歩です。

安定した株式の所有が資産運用の第一歩/低リスクで資産運用関連ページ

株主優待を狙って堅実運用
とりあえずネット銀行中心
短期社債
NISA口座の開設に関して知っておくべきこと